DevBooks(デブサミ2017)に参加しました


2017年2月17日(金)に開催されたデブサミ2017の新企画DevBooks(技術書の同人誌即売会)の即売会に参加しました。

ブースに立ち寄っていだたきありがとうございました。

参加した経緯と、準備と当日について書いていきたいと思います。

DevBooksに知ったきっかけと応募してみた

DevBooksを知ったのはTwitterの告知だったかと思います。
応募しようと思ったのは、面白そうだなと思ったのと、PythonのGUIライブリであるKivyの公式プログラミングガイドの翻訳が 一段落して、Kivyに関しての知見がある程度たまったのでどこかでまとめようかと思ったことが一つ、あとは参加費が無料という点でした。
採用が30団体だったので倍率高そうでしたがとりあえずダメ元でいいからと思いながら、
応募しました。
応募後に開催日の2月17日は平日だと知りどうしようか思いましたが、受かってから考えようかと思ってました。
当選のメールは12月末にきて実際に本の制作とかを行ったのは年明けからでした。

本の内容

去年一年ほどPythonのGUIライブラリのKivy(https://kivy.org/#home)を有志による翻訳(https://github.com/pyKy/kivy-doc-ja)をおこなっていて知見がたまってきたので、Kivyについて本を書こうと考えました。
Kivyはネットの情報をみるとインストールの方法と「Hello world」を表示させた内容が多くて、その先に踏み込んだ内容がほぼなくて、 Twitterでみてると、Kivy難しい、使い方がわからないなどの理由で挫折した方が結構いらしたので、「Hello world」を表示した次に勉強できるものを作ろうと考えました。

また、当初はDjangoを使ってWebシステムの開発を1年ほどやったので、サーバ側をDjangoで作成して、Kivy側でandroidのアプリを作成してリクエストを送受信して表示するまでを考えていましたが作業量的に今回は難しいのでやめました。

最終的に本の内容は以下になりました。
・Kivyの基本的な使い方とボタンを押すと画像が変わるデスクトップアプリの作成
・電卓アプリの作成
・国立国会図書館サーチ(http://iss.ndl.go.jp/information/api/)を利用した蔵書検索アプリ
・蔵書検索アプリをandroid端末上で表示する

本を書くために使ったツール

マークダウンで書いた内容を変換してWordファイルにして最終的なレイアウトなどの調整をしました。
表紙はデザインをしようかと思いましたが、表紙で買うような内容ではないのでタイトルと著者名のシンプルなものにしました。

印刷について

本の総ページ数が150ページになり、印刷所で見積もりすると1000円以上かかるので、その値段ではさすがに売れないと思い原稿は家のプリンタで印刷して、製本は原稿を持ち込んでキンコーズで綴じをお願いしました。

本で印刷した部数は7部、あとはPDF用のダウンロードカードを20部作成しました。

販売物は印刷した本+PDFのダウンロードカードとPDFのダウンロードカードの2種類のみです。

当日について

当日はお手伝いにナイスストーカーのイトウさんをお願いして2人で参加しました。
印刷物と、PDFのダウンロードカード、あとは実際に作成したプログラムの実行環境として
ノートPCとandroid端末を用意しました。

DevBooksのブースの様子

正直なところ、PythonでGUIを作るというかなりストライクゾーンが狭い内容なので
下手をすると1冊も売れないのではと思いましたが、興味を持っていただいた方が何人もいらして、
紙の本はお昼には完売してすごく嬉しかったです。
ブースに立ち寄っていただいた方の反応はこんな感じでした

  • Pythonでandroidのアプリ作れるんだ。
  • Pythonって好きだけど、仕事ではスクリプトでつかっているだけでもっとがっつり使ってみたかった。
  • Pythonの本増えたけど、文法と機械学習以外の本が少ない。
  • Pythonで機械学習しているけど、結果表示はどうしたらいいんでしょうか。
  • Pythonこれから勉強したいから買ってみる。
  • Kivyはインストールして「Hello World」を表示した後使用していないのでこれから読んで使ってみたい。

またDevBooks自体でよかったと思ったのは以下の点です。

  • 参加費が無料
  • 電源が完備(1サークルに1つはありました)
  • wifi完備
  • 間隔が広くゆったり座れた
  • 敷布が用意されていた
  • 椅子も当初は一脚のみでしたが、言えば追加で用意してくれた
  • お水は飲み放題

準備は大変でしたが参加して良い経験になりました。