技術書典4にKivyの本で参加しました

技術書典4にKivyの本で参加しました

技術書典4にサークル参加してきました。入場者、スタッフのかたありがとうございました。

当日はナイスストーカーのイトウさんに当日のスタッフをお願いして2名で参加しました。

販売したものについて

今回はKivyのチュートリアル(ペイントソフト、Pong Game)を拡張した内容について書いた本を配布しました。Kivyはチュートリアルを行った後に次にどう作ったらいいかよくわからないと人をネットで見ていたのでそのあたりに応えられればと思って作りました。

表紙はイトウさんに作ってもらいました。結果としては大正解だったと思います。

販売数について

今回は開催数日前のサークルの被チェック数が42だったので、紙媒体+PDFダウンロードが31冊、ダウンロードカードを40枚用意しました。

当日になって被チェック数が上がって62になってました。直前で結構あがるんですね・・・。

結果としては紙媒体は開始2時間程度で完売、ダウンロードカードも15時にはほぼなくなりました。

Kivyというあまり日本ではあまり知名度のないPythonのGUIライブラリについて書いたのに買っていただいた皆さんありがとうございました。

紙が売りきれてしまい、そのあとも何人か印刷ではないかという方がいらして、50部程度すっておけばよかったかもと思いました。どなたか被チェック数の2倍用意するとよいと書いてありましたが多分その内容はおおむね正しいかと思います。

技術書典について

技術書典は初参加でしたが内容を確認せずに買っていく方が結構いらしてびっくりしましたが、会場の混雑具合を考えると本をじっくり読むよりも、事前にチェックして面白そうなら買うという人が多かったのかもしれないです。

次回技術書典5が開催されるならまた何か技術書を書いて出展してみたいです。